どんなものにも必要な塗装

あまり気にする機会はありませんが、ほとんどのものに塗装が施されています。これは屋根や外壁は家を建てた時から常に紫外線や風雨、外気にさらされており、常に経年劣化し続けている状況だからです。

一般的には新築後、約10年たったら塗装し直し、その後は10年に一度のペースでまた塗装し直すのがベストと言われています。
屋根や壁の材質や形状によって耐用年数は違ってきますが、それでも大体の目安として10年という周期を覚えておきましょう。

ただし、明らかに目に見える劣化や機能的な不具合があれば、その都度また塗り替えることも必要となります。
例えば屋根であれば雨漏りや腐食などがあればすぐに塗り替えた方がいいですし、外壁はひび割れや塗装の剥がれなんかが見つかったらすぐに塗装し直した方がいいといえるでしょう。

外部の塗装メンテナンスは建物を守るための命とも言えます。
そのためにも塗装のタイミングを見極めて大切な建物と長く付き合っていきましょう。
塗装をし直せば見た目もきれいになって気持ちもいいですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed