工事現場で働く人たち

■建築現場の顔ぶれ

 

建物をつくるときの建築現場には、様々な人が出入りします。代表的なのは、工事の現場監督と作業員、そして、設計事務所の従業員です。

建築現場 工事の作業員は、それぞれの専門技術に応じて、工事を請け負います。

土木工事や左官工事、電気工事、配管工事、クロス工事など分野は様々です。

一般的には、1つの業者が複数の種類の工事を請け負うことが多いです。かつては、それぞれの専門分野ごとに業者がいましたが、最近では1社で2役以上をこなせる業者が増えています。

 

一方、工事現場の監督は、工事が円滑に進むように指揮をします。

工事現場に出入りする様々な専門家がスムーズに連携できるよう、指示を出します。特に、大規模な建築工事の場合には、工事に携わる人数も非常に多くなり、様々な下請け業者が出入りします。このため、取りまとめの役の存在がとりわけ大切です。現場監督の適切な指示によって工事の仕上がりにも影響が出てくることから、非常に重要な役割を担っています。

 

設計事務所の従業員は、工事の進捗状況を確認します。工事を依頼した建築主の代理人として、施工業者が設計図どおりに工事を進めているかどうかをチェックします。

チェックの結果、意図した工事になっていなければ、工事のやり直しの指示をします。

建築主の代理人としての責任は大きいものがあります。

 

建築現場では日々工事が行われ、期限内に竣工できるよう工事現場監督、作業員、設計事務所が一丸となって工事を進めています。

これは、屋根の工事にも言える事です。
屋根にもさまざまな種類があり、様々な種類の工事の方法があります。

しかし、こうしてたくさんの別々の業者がいることで起こりうる問題もあります。
ちょっとついでにここも直してほしい、追加で◎◎を頼みたい、と言ったときに誰に依頼するかです。
工事前に打ち合わせをした担当営業でしょうか?
それとも工事を仕切っている監督でしょうか?
また、ちょっとした事なら、実際にその箇所を工事している工事スタッフに言った方が良いのでしょうか?

以前から工事現場では、こうしたトラブルが多く、問題視されていました。

そこでおすすめしたいのが、営業から工事監督まで一括で行っている屋根工事の専門業者さんです。
工事スタッフも、下請けではなく直接施工なので、多くの人間が出入りすることとなっていも、一つの会社です。

千葉 屋根リフォーム
街の屋根やさん千葉

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*